エノキダケイコの日常

映画、本、旅行のブログを毎日楽しそうに書いているエノキダケイコの、それ以外の日常生活やお知らせを書くブログ。どれだけ書けば気が済むんだ!?

ムソルグスキー作・マリウシュ・トレリンスキ演出「ボリス・ゴドゥノフ」@新国立劇場

オペラを通しでちゃんと見るのって人生何回目だろう。5回は見てないよな。という初心者です。原作も読んでいません。という前提でお読みください。

新国立劇場、近くに10年以上住んでるのに中に入ったことなかったので、先日初めて小劇場でお芝居を見て、「劇場」のあの雰囲気にうっとりとしてきたところ。でもやっぱり新国立劇場の真骨頂はこの大劇場ですね。幕間にスパークリングワインが飲めたりもして、なんとも素敵です。もう少しオペラの基礎体力をつけてから、私も幕間バルをそのうち経験してみたいです。(今はプログラム読むのに大忙し)

あえて前提知識ゼロで見てみました。しかも4階席。フレームが光っている立方体がごーっと音を立てて動いて、その中の人々や風景が内容に合わせて移り変わっていくの面白いですね。ごーっていう音がうるさい気もするけど、それを気にしないのがロシア的なんだろうか。で、ストーリーは、ボリス・ゴドゥノフってのは大変悪い領主で、最後は人民(というよりみんなスーツ着てるので官僚たちにも見える)に血まつりにあげられるという理解でよいですか?かなり障害の重い子どもが一人、どうやらすでに亡くなった子どもが一人。子どもたちに対する思いが重すぎて政治どころではない人です。昔はよい領主だったんだろうか。と思うと、スーパースターすぎて息子、娘をスポイルしてしまった過去のスターたちのことを思い出したりします。ボリスは極悪人とは描かれず、心の弱さに打ち勝てなかった男というふうです。

それにしてもワインの「おり」のような濃い血のりがすごい、怖かったです。殺された13人の子どもたちもけっこうショックだけど、最後の「血まつり」はもう映画でいえば「ミッドサマー」や「ウィッカーマン」のように怖い。そういう部分があったからか、このオペラは私には「オペラ」という特定の音楽芸術というより映画やお芝居の一種と感じられました。なので、演出が強すぎるとも、立方体の動きがうるさいとも特に思わず、そういう演出なんだなと思います。むしろ、普段毎日のように映画ばかり見ていて、クラシック音楽にもオペラにも縁のない私みたいな者こそ、初めてちゃんと見るオペラとして面白いかもしれません。

子役や主にコーラスを歌っていた方々を含めて、キャストの多さにも驚きました。海外からのキャストの数は少ないけど、どこの人かは見ていて全然気になりません。素晴らしいオーケストラの演奏、聞きほれてしまう美しい歌声、個性的で一本芯の通った演出、自然でゴージャスな演技。本物の、一流の芸術に触れると、たくさんの方々が人間の粋を集めて力いっぱいもてなしてくださっているように思えて、すごく幸せな気分になります。

オペラ苦手かも、と少し心配だったけど、行ってみてよかったです。また他の演目でチケット買ってみようと思います。

トム・ストッパード作・小川絵梨子演出「レオポルトシュタット」@新国立劇場

ガラスの動物園」をいい席で見たくて新国立劇場の会員になったので、他の舞台も見てみようと思って、二階席最前列の席を買って千秋楽を見てきました。

「レオポルトシュタット」って語感がなんともゾワゾワする・・・。ドイツ語っぽい緊張感とクールさがあり、整然とした語感。内容はオーストリアユダヤ系の家族が第二次大戦前後に翻弄され、散り散りになっていく物語なんだけど、整然としてクールな美しさのある舞台でした。

舞台中央付近にグランドピアノ、手前に10人くらい座れる大きなテーブル、さらに前の左側、中央、右側で人々が語り合っていて、右奥には(間違えててっぺんに「ダビデの星」を取り付けた)クリスマスツリー・・・と、広がりがあって見どころの多い舞台。A席だけど、二階席一列目から全体を俯瞰できて良かったです。

原作のトム・ストッパードの自伝的作品らしく、彼は劇中のレオと言う少年と同じくイギリスへ移住しています。劇中、彼が祖国に残した親戚のうち、戦後に再会したわずかな2人が口々にレオを責める場面があります。これはストッパードの自責の物語なのかな。創作を仕事にした人の多くは、いつか自分が抱えてきたものの集大成を発表せずにいられないのでしょうか。

賑やかな大家族の時間が、最後の場面では3人だけで、昔の家にはもう何も残っていません。幕が下りてから出演者全員が再登場すると、初めて涙があふれてきました。「ああよかった、みんな生きてた」みたいな本能的な安心感。これが、舞台にはあるけど映画にはない。だから昔の映画のなかには、悲劇的な終わり方のあとに唐突にフィクショナルな大団円が演出されることがあるのかも、と思いました。

このあとオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」のチケットを購入済、バレエ「コッペリア」が抽選待ち。一生に一度の文化的生活中だな私・・・。

イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出「ガラスの動物園」@新国立劇場

2020年に来るはずだった海外招聘公演、2回延期されてやっと実現したとのこと。実は私は近くに住んでいながら、かつ何年もユペールせんぱいの映画を追っかけていながら、新国立劇場でこの公演が行われると知ったのは先行予約開始の3週間前。急いで「友の会」に入会してチケットを確保しました。大枚はたいてS席を2日間押さえたかいあって、1階の前から3列目、ほぼ真ん中に近い素晴らしい席。10/2は出演者4人揃ってアフタートークも!

イザベル・ユペールせが演じる役はいつも、絶対仲良くなれないクセもアクも強い中年女だ。このお芝居でも子供たちに、明るく気丈に自分を押し付けて疲弊させている母だ。徹頭徹尾ビッチ。予想通りだけど、すぐ目の前の生演技なので圧倒されます。こわい。そして浮いている。誰ともまったく交差しない、自意識のかたまりを演じ切ることにまったくためらいはない。その覚悟。

娘ローラを演じたジュスティーヌ・バシュレの演技もすごい。障害をもち、繊細でうまく生きられない女性の、子どものような感情の起伏。小動物みたいに弟やジムに飛びついたり、丸くなって黙る。泣きわめくとかひっかくとかの演技はしないで、ひたすら内向する。

息子トムを演じたのはアントワーヌ・レナール。「BPM」でHIVポジティブ活動団体の優等生的なリーダー役を演じた彼です。いまおそらく37歳。あの映画から5年経って、現在の生活に倦んで最後の挑戦を遂げようとする、あまり若くない青年の役がはまっています。

シリル・ゲイユの演じたジムの野心と他人に対する共感力も説得力があった。彼一人が黒人であることは、アメリカのお芝居をフランス語で演じてることと同様、自然なスパイスのように効いている。

このお芝居の出演者4人とも、演技に対してすごく誠実な、舞台に自分を捧げているような真摯さを感じました。その度合いが揃ってる。フランスの演劇界って充実してるんだなぁ。

一家の父の不在は、毛足の長いぬいぐるみの表面みたいな素材に覆われた家の壁面に、指で描いたたくさんの男の顏で表されてたのかな。

公演2日目に見たときは、予習をあえてしなかったこともあって、ユペールせんぱいに圧倒されつつ、おずおずと筋を追い、舞台の迫力に感動したのですが、最終日に見たときは筋や演出が頭に入っています。ユペールせんぱいにも、もう前ほど圧倒されません。むしろローラの気持ちに入り込んで、トムの痛みを感じて、ジムの戸惑いに共感して、一緒に苦しくなります。母アマンダも痛々しい。それに、動物園のガラスたちが花火みたいにはかなく思えて、終盤に向けて涙が止まらなくなってしまった。

角の折れた一角獣は「私を、今日のことを忘れないで」というローラの祈りかな。ジムをこの先ずっと見つめ続けて、戸惑わせ続けるんだろうか。ノンフィクションではないのに、原作者が込めた感情がリアルで、人間って複雑で何も思い通りにいかないけど愛しい、という気持ちでいっぱいになります。

すごく良かったなぁ。気づいて、体験できて本当に良かったです。感謝。

TBスタジオ・Nプロジェクト共同企画「根っこ」

お芝居を見てきたので感想書いてみる。

著名劇団に所属する俳優さんたちが、少人数で作り上げた舞台。知り合いの関係でときどきお邪魔しますが、毎回、普通の人たちの日常に何かがきっかけで渦が起こる、こじんまりとしているけど不思議と心の中でカチッと音がするような印象深いお芝居です。

今回の「根っこ」は原題「Roots」、イギリスのアーノルド・ウェスカーという脚本家が1958年に書いた3幕の舞台です。人名や地名や職業などの設定も原作のまま。

昔からある作品なので結末にも触れますが、見たくない方は、どうぞこのあとは読まずにページを閉じていただけますよう…。

舞台はロンドンから遠い田舎町で、中心となる家族を構成するのは、地味な生活を送っている老夫婦、娘夫婦と息子夫婦とロンドンで働いている唯一都会的な末っ子。この末っ子がロンドンで付き合っている男がユダヤ人で「ソーシャリスト」と言ってますがコテコテの意識高い理屈派。東大の講堂で三島由紀夫と張り合ってたような、令和の世にはもはや現存しないタイプ。ただし彼は登場しません。彼に感化されて、よくわからないイデオロギーに染まった末っ子が、彼を実家に招待して、到着前になんとか田舎っぽさや泥臭さを隠そうとしますが、あっというまにほころびる。最後、彼がもう来ないことがわかって末っ子は泣き崩れるのですが、そのときの彼女の演説は「プチソーシャリスト」としての目覚めに満ちた意識高すぎる、家庭ではウザいやつに化しています。しびれを切らして、現れなかった彼氏のために作ったごちそうを食べ始める家族。

「この結末、笑っていいんだよね?」と思わずつぶやいてしまった。脚本家の意図は、意識高い娘に寄り添おうとしたのか、それとも市井の人々のおおらかさの勝ちなのか。

脚本家ウェスカーはイギリスのユダヤ人コミュニティで生まれ育ったコミュニストであり、投獄経験もある反原発活動家だった、と英語のWikipediaに書いてあって、めっちゃ左で真っ赤な人でした。でもなんとなく、こぶしを振り上げてがなり立てる自分を笑うような感じもあって、やっぱり普通の人の普通の暮らしが大切だよね、という草の根的な感覚も大事にした人なんじゃないのかな~。

進歩的な思想を嬉々として語る末っ子が、どこか「キューポラのある街」の吉永小百合と重なりました。(ほぼ同時期にそれぞれの原作が書かれてます)

主役の末っ子は松本祐華、近所の愛され老人は番藤松五郎、優しい姉に山内理沙、末っ子と始終どなり合っている母に華岡ちさ、全員は書ききれませんが、自然かつ熱の感じられる、親密な舞台でした。

小舞台を見に行かなかったら出会えなかった、興味深い作品。こういうの映画化とかしないのかな。今はスマホで撮影できたりするから、何か違う形でも作ってみたりしたら面白いかも…なんて思ったりしました。

追い焙煎という実験  シリーズ3/4

強めの火で、見た目は「いい具合」に焙煎できた豆が意外とマズかった件で、試しに「再焙煎」というか「追い焙煎」をやってみました。一度焙煎が終わった豆を、再加熱するということです。生焼けなんだから焼き直してみよう、という。

豆は焙煎しただけで挽いてないので再加熱できるっちゃできます。網に戻して、前からやってる「とろ火」で10分追加で焙煎してみました。

見た目はこうです。

f:id:enokidakeiko:20210724101029j:plain

追い焙煎前

f:id:enokidakeiko:20210724102135j:plain

10分間追い焙煎後。

見た目は、ちょっとツヤが出たねというくらいでほとんど変わりません。

味は?

…さっそく、アツアツの豆を挽いて淹れてみました。…多少まろやかになりましたね。多少です。10分ぶんだけ、生焼けっぽいエグミがなくなって飲みやすくなったけど、完璧!という感じでもなく、まさに10分ぶんという感じ。一度色がついてしまっているぶん、このあと何分くらい焙煎すれば「ちょうどいい」状態に至るのか、見た目でわかりづらい(私には見分けられない)ので、これ以上のチャレンジはやめておきます。が、やはり、豆のおいしさは焼き色じゃないですね。じっくり中まで火を通すのがベストで、その方法はまだまだ試行中といったところです。

いやー、とろ火で下手すると40分も1時間もひたすら網を振り続けるという、自己流のカッコ悪い焙煎のほうが味が美味しいというのが今のところの結論で、二の腕が細くなるどころか、力士のように霜降りの立派な太さが育ちつつあるのが気になります。。。

次回、シリーズ最終回は「初心に返ってとろ火で焙煎」について実験してみます。

失敗した(涙)食べ物は見た目じゃない。シリーズ2/4

昨日焙煎した豆を、今朝淹れて飲んでみました。(注:最初は強火、その後は弱火~中火くらいの火加減で、短時間にいい色に仕上げたやつ)

これが…浅くて全然ダメ。見た目はちょうどいい、イメージ通りの”コーヒー豆色”なのに、美味しい浅煎りというより、今ひとつ、ちゃんと火が通ってない感じ。今まで焙煎に1時間かかって失敗したかなー、何いつまでも煎ってるんだろう、と思ったときでも、淹れれば美味しかったのに、今回、短時間でいい焼き色になった豆は味のほうがダメ。

うーむ…。食べ物は見かけじゃない!何でも、じっくり中まで火を通すのが大事なんだろうな。今回は短時間でうまくやれたつもりだったのに、表面に色がついただけで、中が生だったのかなと思います。だからコーヒーでも、遠赤外線でじっくり中まで火が通るという「炭火焙煎」が人気になったりしたのかもしれない。

焙煎って難しいものなんだろうな。自分で焙煎するようになる前に毎月何百グラムも買ってたカ〇ディの豆も、同じ種類でも買ったときによって煎りの深さが多少違ったりしてたもんな。(見た目はいつも同じでも)

失敗すると、そのときはちょっとガッカリするけど、確実に経験値があがるから面白い。さっそく今日も試してみよう。

今度は、

  1. 最初はちょっと強火(乾かすため)
  2. その後はやっぱり「とろ火」で、それでもそれなりな焼き色になるまで、ひたすら煎る。

これしかないかな~。

(ついでに、昨日失敗した豆を「煎りなおす」ってのはやっても良いのだろうか。まずこれを試してみるか…)

やり方を見直す(ノー電子レンジ)シリーズ1/4

久々のコーヒー焙煎のおはなし。

相変わらず、数日に1度は焙煎し、毎日2~3杯は飲んでるのだけど、焙煎のやり方にとくに進歩のない日々でした。強めの火(といってもせいぜい料理するときの「中火」)で焙煎するとすぐ焦げちゃうので、浅煎り好きの私は弱火より弱い「とろ火」で焙煎することが続いていましたが、それだと下手すると1時間たっても十分に豆に火が入らないのです。(それでも味はそう悪くないけど)

失敗はだいたい豆が湿ってるせい、梅雨のせいだと考えてたのをちょっと思い直してみる。湿ってるからといって、電子レンジ「弱」にかけるのはやめたほうがいいんじゃないか。

食品を電子レンジにかけると、中のほうまで温まるけど、表面が乾きすぎてカチカチになることがある。それと同じように、コーヒー豆も硬くなってしまうんじゃないか、フカフカに膨らんでほしいのに。

ということで、焙煎のやり方を見直してみました。

  1. 最初は強火で、豆をよく温める。最大3分くらい。(それ以上やると焦げてくる)
  2. その後は弱火~中火の間くらいの火で、ひたすら焙煎を続ける。

…ってやると、今までより短時間でいい具合にパチパチいうようになりました。

あともう一つ、見直したことは、焙煎する前にはじく豆を、明らかに色が悪いやつくらいに限定してみました。少しだけ欠けてるとか、形がくずれてるやつは入れたまま。で、焙煎が終わった段階で、ちゃんと煎れてない生っぽい色(うす茶)の豆はどんどんはじく。そうすると、大きすぎる豆や、もともと色が薄すぎるかなと思ってた豆はどんどんはじかれる。少し欠けてた豆はもう目立たなかったりします。状態が均一な豆は味も近いんじゃないかという想像です。

焙煎したばかりの豆より、冷ましてガスを抜いたほうがおいしいというので、今日焙煎した2種類の豆を明日は飲み比べてみようと思います~。